L.C.S.哲学

自己責任の世界

L.C.Sには、それぞれの夢や目標を達成するために多くの方々が相談に来られます。

その中でも、一生懸命挑戦しているにもかかわらず、

《ある無意識的な行動が原因》で、欲しい結果や成果を知らず知らずのうちに遠ざけてしまっている人がいます。

《仕方がない》で済ませるのにはあまりにも早すぎる

物事が思い通りに進まない・計画通りに進まないことは誰しも経験したことがあると思います。

そのなかで、計画通りに進まなかった理由を一度考えてみたことはあるでしょうか。

一度その理由を箇条書きで良いので紙に書いていくと、うまく行かない理由が見えてくるかもしれません。

その時に見返してみると、その理由は、大きく《内部要因》か《外部要因》の2パターンに分けられます。

L.C.Sでは、目標を達成するために挑戦をし、うまくいかなかったことも徹底的に分析します。

その中で、内部要因と外部要因という言葉を使用します。

内部要因…自分自身の内面から引き起こされる事柄。コントロールの効くこと。
外部要因…天気や株など、個人では何ともしようがない事柄。

うまく行かなかった理由を振り分けた時、あなたはどちらの割合が大きいでしょうか。

おそらく、《外部要因》の割合が大きいと思ったのではないでしょうか?

「○○だから仕方がなかった…」

「○○が頼んだことやっていなかったから」

「○○の対応に追われていたから…」

「お金が足りなかったから」

と、うまく行かない理由を処理をしている方も多いと思います。

でもそれ、本当に『仕方のない』《外部要因》だと思っているとしたら、おそらくその人は多くのことがうまく行かないと感じているのではないでしょうか。

それには理由があります。

本来コントロールすべきもの

L.C.Sに結果を求めて来られる方も始めの頃は、多くが《外部要因》によって目標が到達しなかったと仰います。(特に、人やお金、時間等の理由)

しかし、L.C.Sで教えているのは、物事がうまく行かない理由は、

【ほぼすべてが内部要因です】

ということです。

何故なら、潜在意識と顕在意識の勉強をされたことがある方は既にご存知かと思いますが、ほぼすべての現象が、自分自身の潜在意識に入っている情報が具現化したものだからです。

(潜在意識について詳しく知りたいという方はこちらにわかりやすく説明されているので、ご参照ください↓)

L.C.Sがお伝えしたいのは、【《仕方がない》と処理してしまっていることを、内部要因だと捉えることができたら、対策が打てる】ということです。

つまり、コントロールが効かない!と思っていたものも、ほぼ全てあなたがあなたの人生を自己責任で生きることができれば、対策を打ち、結果のコントロールが効くようになります。

そしてあなたの計画が思い通りに進むようになるのです。

L.C.Sでは、いつでも夢や目標に向かって挑戦する人を応援しています。

L.C.Sは、『挑戦こそ最高の成功体験』を理念に、全ての方々に挑戦のきっかけを広げる取り組みとして、定期的にスペシャルゲストをお招きしたイベント等を開催しております。

L.C.Sのイベント情報・活動記録・新サービス・ニュースなどを受け取ってみたいという方は是非「友達追加ボタン」を押してご登録ください。↓

挑戦こそ最高の成功体験

ComingUp