社会貢献活動

L.C.Sのチャイルド・スポンサーシップ

チャイルド・スポンサーシップは、経済的に豊かな国に住む個人や団体が、社会基盤や経済が不安定な国、地域に住む子供やその子供の家族、地域を支援する国際協力のあり方の一つである。

ウィキペリア

2020年12月現在では、5カ国の子供たちを支援している。
この記事を通して、発展途上国の国における生活を少しでも知ってもらうきっかけになばいいと思います。

インド

1931年インド国民議会が定めた3色旗を基にしたデザイン。トップのサフラン(オレンジ)色はヒンドゥー教を、または勇気犠牲を意味する。緑色イスラム教を、平和真理を意味し両宗教の和合を表している。中央には、アショカ王の記念塔になぞらえたチャクラ(法輪)がデザインされている。なお法輪の中の24本の線は1日24時間を意味する。チャクラは、仏教のシンボルであるため、上記2宗教と合わせて、世界四大宗教のうち3つが象徴されている[12]

ウィキペディア

インドでは、人間が生存するうえで必須カロリー水準を摂取できない絶対的貧困層が国民の約3割も存在している。その結果、路上で生活を余儀なくされている人々の数は計り知れない。この数年で更に経済的な格差は開き続けている。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020042800778&g=int

L.C.Sはインドで、2019/3/25(1歳)の女の子のチャイルドスポンサーを行っています。この支援は彼女が18歳を迎えるまで行っていきます。

カンボジア

カンボジアは低地の平野、メコンデルタ、山岳地帯、タイ湾の海岸線など豊かな地形を持つ東南アジアの国です。首都プノンペンには、アールデコ様式の中央市場、華やかな王宮、歴史や考古学の展示が見られる国立博物館などがあります。国の北西部には、クメール帝国時代に建設された広大な石の寺院の遺跡群であるアンコール ワットがあります。 

ウィキペディア

日本は、古くからカンボジアと関係があったことをご存知でしょうか?江戸時代にはカンボジアにも日本人町もあったとされていて、カンボジアの文化経済であるアンコールワットの壁面には、今も日本の武士による落書きが見られます。「うどん」「かぼちゃ」という言葉はカンボジアからもたらされたという説もあるほどに、強い結びつきがあったとされています。

L.C.Sはカンボジアで、2016/3/13(4歳)の男の子のチャイルドスポンサーを行っています。この支援は彼が18歳を迎えるまで行っていきます。

ウガンダ

ウガンダは多様な景色、雪に覆われたルウェンゾリ山地、巨大なビクトリア湖を擁する東アフリカの内陸国です。チンパンジーや珍しい鳥など数多くの野生動物が生息しています。遠く離れたブウィンディ原生国立公園は有名なマウンテン ゴリラの聖域です。北西部のマーチソン フォールズ国立公園は、落差 43 m の滝やカバなどの野生動物で知られています。

ウガンダ

ウガンダは、世界で最も貧しい国のひとつにカウントされています。
多くの人々がウガンダでは農業に従事していますが、自然災害も多く発生するため、生産性や所得が低く、基本的な生活必需品を賄うために苦労しています。

L.C.Sはカンボジアで、2014/7/16(6歳)の女の子のチャイルドスポンサーを行っています。この支援は彼女が18歳を迎えるまで行っていきます。

フィリピン

フィリピンは西太平洋に位置する東南アジアの国で、7,000 以上もの島で構成されています。首都マニラは海岸沿いの遊歩道や、何世紀もの歴史を刻む中華街ビノンドで有名です。マニラ旧市街の中心部には植民地時代に築かれた城壁都市イントラムロスがあります。ここには 17 世紀に建造されたバロック様式のサン アグスティン教会、かつて要塞や軍事刑務所として利用されたことで有名なサンティアゴ要塞が残っています。

フィリピン
  • フィリピンは急速な経済成長を遂げているものの、影響が国民の資産には反映されていない
  • 過去30年間でGDPは約2倍になったものの、実質的な世帯収入・支出額は約1.2~1.3倍しか増加していない
  • 経済成長に反して貧富の格差はなくならない現状にある
    https://gooddo.jp/magazine/poverty/children_proverty/67/

フィリピンの貧困層は、そもそも貯蓄がありません。銀行口座も持たない人たちがほとんどです。政府の支援は絶対的に不足しており、支援すら行き届いていない貧困地区もたくさんあります。

L.C.Sはカンボジアで、2009/1/26(11歳)の男の子のチャイルドスポンサーを行っています。この支援は彼が18歳を迎えるまで行っていきます。

タンザニア

タンザニアは広大な大自然で知られる東アフリカの国です。「ビッグ 5」と呼ばれる 5 種類の動物(ゾウ、ライオン、ヒョウ、バッファロー、サイ)が生息するサファリのメッカとして知られるセレンゲティ国立公園や、アフリカ最高峰を擁するキリマンジャロ国立公園などで知られています。

タンザニア

貧困層では一般に母親の教育水準が低く、そのため出産およ. び育児に適切な知識を持たないことが原因で乳幼児死亡率が高くなっている。
特に、貧困層の国では、女の子の生理用品を手に入れることがとても困難で、性別への偏見や差別なども教育をうける機会に恵まれていない地域では特に激しく、深刻な問題となっている

L.C.Sはカンボジアで、2008/1/1(12歳)の男の子のチャイルドスポンサーを行っています。この支援は彼が18歳を迎えるまで行っていきます。