L.C.S社員BLOG

この1か月間、この職場で働いて感じたこと

こんにちは、川口です。

今日は私がこのLife Crayon Style(通称 L.C.S)で1か月半働いて感じたことをお話しします。

前回の記事では、お世話になりだして直ぐに記事を書いていました。

現在も社内で記事制作を行っています。

あれから1か月、、、

目的もなく単調に仕事をしていたら作業になってしまいますが、目的のために本気で記事制作に取り組むと、気づけることが膨大に増えて、必然的にクオリティーを求める仕事になっていきました。

以前は比較的大きめな会社で営業で働いていた経験があるのですが、その時とは大きな違いを感じています。

やることは決まっていたが、単調なことが多くありましたが、ここでは、やることが決まるとすごい速度で動き出します。

サイクルが早いので、成功することはもちろん失敗することも多くなります。

失敗といっても、うまくいかなかった原因がわかるということなので改善できる結果になるので、どんどん進めること、早くやることが重要なのだなと改めて実感できます。

ストレングスファインダーでも一番はじめに「慎重」が来るぐらい、バリバリの慎重派の私なので始めは戸惑いましたが、少しは慣れてきました。

よく、「PDCAを回して~」と職場で耳にする言葉だと思うのですが、「回してるな~」を実感しています。

時間があると、失敗してしまったときに「ああすればよかったなぁ」とか、先のことを考えて「ほかにいい方法があるんじゃないかな?」とかいろいろ考えてしまうってことがおよくありました。

そんな時は、あっという間に時間が過ぎ、何も仕事が終わりません。

「今」、「目の前」のことに集中して取り組むことしかこの速さで楽しむことはできないなと感じてます。
「夢中になる」といっていいのかもしれません。

今は小さなベンチャー企業です。
自分の得意な事や好きな事をだけしていて大丈夫なほど人は多くいません。

ですので、多くのことをこなしたり、判断したりがどうしても多くなりますが、その分スキルを身に付ける期間が他と比べて短いですし、多くのことをやる分会社がどう回っているのかがよくわかります。

何かに挑戦してみたい!けど、何に挑戦すればいいのかよくわからない、、、っていうエネルギーを持て余した人には向いている環境かもしれませんね。

一人ひとりがいくつもの仕事をしているけど、他の人がやっている仕事も、お互いが大体把握しているので、違う仕事やプロジェクトをしていても、困ったときは助け合うことができるということも魅力なんじゃないかなと感じてます。

忙しいけれども「楽しい」を感じられている、ここ1か月でした。

またお会いしましょう。
ありがとうございました。