プレスリリース

希望格差解消に挑む!写真展通じ、独自の自殺者防止キャンペーンを開始

当社は、誰もが希望を持てる社会の実現のために、キッチンカー事業、ECサイト運営、マーケティングスクールなど様々な事業を行なっています。このほどクラウドファンディングを通じて、写真展「#101人の人生と101色の夢展」の開催と書籍出版を実現しました。この結果と、過去4回の写真展での来場者の反響に手応えを得て、より多くの方に希望を与えるために全国で写真展を開催します。広く主催者を公募し、プリントやパネルなど展示物を無償で貸与します。


 写真展を開催しようとする主催者には写真集「#101人の人生と101色の夢(合同出版・1320円)」50冊の購入が条件となりますが、写真展の入場料は主催者が任意に設定でき、会場での書籍の売り上げも全額主催者の権利となります。


当社が企画した写真展「#101人の人生と101色の夢展」とは、0歳から100歳まで1歳刻みの一般市民101人を取材し、語っていただいたそれぞれの夢と写真とが展示されています。2020年11月から愛知県で3回、三重県で1回開催され、のべ来場者数は1千人を超えています。来場者からは「地元でやって欲しい」「今度は私が出たい」「考えさせられた」「勇気をもらった」など想像をはるかに超える反響があり、全国展開の手応えを得ました。

社長の竹内は「例年、世界自殺予防デー、自殺予防週間もあるが、当社は事業を通じて誰もが夢や希望を持てる社会の実現、すなわち希望格差の解消に貢献したいと考えており、独自の長期キャンペーンを展開する。主催者の市町村で蔵書を希望する小中学校には、私が写真集を直接持参し、寄贈させていただきたい」としています。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000074941.html