足踏みしていた私に    「挑戦するチャンス」を  たくさんくれました

起業 / 集客 / 自己実現

足踏みしていた私に    「挑戦するチャンス」を  たくさんくれました

ビワキューGreen86 びわ温圧療法師

青山加奈

#ビワキュー#起業#ママ起業

Interview

あなたのビジネス・挑戦を教えてください。

様々な効力や効果のある「ビワのちから」を広めることです。
そして、今まで集客が難しいと言われ、あまり世間から知られていないビワキューを事業として成り立たせて「2児の母でも独立できる!」「仕事を続けることを諦めなくてもいい!」ということを証明していきたいです。

あなたのビジネス・挑戦を教えてください。

L.C.S.のことをどのように知りましたか?

最初は副業として始めたビワキューですが、しばらく経った頃に「そろそろ本格的に展開して本業にしていきたい」と考えはじめました。
その中で「自分と同じように事業を立ち上げたり経営をしている人から何かを学びたい」と思い、知り合いから紹介をされて交流会に参加しました。
そこでL.C.S.のスタッフの方と出会ったことをキッカケに知りました。
また代表が自分と同じ地元出身だったことを知って、不思議なご縁を感じました。

L.C.S.と一緒に挑戦することにした理由はどんなところでしょうか?

私は昔から自分の行動に自信がなく、「間違っていたらどうしよう」「成功しなかったらどうしよう」と思う気持ちが強く、なかなか前に出ることができませんでした。

だからこそ、今までの自分とは正反対なL.C.S.の「ビジネスの仕組みを学んで、“ 自分で行動して ”結果を出していく」というやり方に惹かれたのかもしれません。

もちろん性格的に上手く出来るか不安もありましたが、

・自分のことを1から見直し、考えるきっかけをくれる
・成功したら自信になるし、失敗しても一緒に考えて次に繋げてくれる

L.C.S.にはそんなサポートがあることが心強く、経済が不安定な今の時代の中で事業を軌道に乗せ続け、生き残ることができるのは「知識と経験と自信がある人」だと感じ、私もその中の1人になりたいと思ったので挑戦することを決めました。

新しいことを挑戦するにあたってどんな悩みや不安がありましたか?

ビワキューは小さいお子さんからご高齢の方全てに寄り添うことができる仕事です。
そのため、お客さんが抱える身体についての悩みは幅広く、それぞれに対応できる知識や技術、経験が必要となります。
そしてマンツーマンでの施術となるため、ひとりひとりに合わせた言葉選びやコミュニケーションの取り方などの接客にも心配りをしなければいけません。

びわ温圧療法師として現場でお客様としっかり向き合うためにも自分の未熟さや知識や経験の不足をどうにかしなければいけない、そしてそれと同時に経営者として視野を広げながら事業の発展や継続を考えて行動をし続けなければいけない…といった「接客と経営の両立」が私にとって大きな課題であり、悩みでもありました。

主にどんなアドバイスやサポートを受けましたか?

L.C.S.は「どうしたらいいかわからない」と足踏みしていた私に「挑戦するチャンス」をたくさんくれました。

地域の方にビワキューを知ってもらうためにマルシェの開催を考えた時も「とにかく実行しよう」と背中を押してくれ、その結果集客にも繋がり、「ビワキューを知ってもらう」方法と機会、そして自信や経験を得ることができました。

そして、その経験を通して実行する力が大切だと身をもって学び、チラシのポスティングやSNSでの発信など知ってもらうきっかけを自分で作る大切さに気付くことができました。
マーケティングや集客は専門的な知識がないと難しいイメージがありましたが、私の想いややりたいことを踏まえてその都度アドバイスをくれるので、実際に動いていく中で少しずつ分かってきたような気がしています。

L.C.S.と一緒に挑戦しはじめてから、以前と変わったことがあれば教えてください。

今までは「失敗したらどうしよう」となかなか行動に移せなかった私ですが、最近は誘われた企画は断らないほど「とにかく動く」ことができるようになりました。

その結果、「実は前から気になってた」「イベントのチラシで見てたよ」とビワキューに興味を持って声をかけてくれる方やファンになってくれる方が増えるなど、すべての行動がご縁に繋がっています。
そして、そのおかげで「期待に応えたい」と思うようになり、サボれない使命感を感じ、頑張る理由になっています。

L.C.S.と一緒に挑戦しはじめてから、以前と変わったことがあれば教えてください。

L.C.Sと挑戦してきたなかで、特に「よかった」と感じていることがあれば教えてください。

どんな事でも何回でも報告してもいい日報や定期的な面談があったおかげで明確な期限や目的、ゴールをつくることができるので、ひとりでやっていた時よりも計画的に行動ができ、頑張ることができています。
また、そういった日報のやりとりや面談は、私にとって良いことも悪いことも正直に伝えられる環境と場所でもあり、その時々の私の状況や悩みを感じ取って、すぐにサポートやアドバイスをしてくれるので、個人事業主の私にとっては安心感があってよかったです。

これからはどんなことに挑戦していきたいですか?

ビワキューや人との繋がりを広めるためのイベントを企画・開催していきたいと考えています。

L.C.S.に背中を押してもらって実現したマルシェ開催の経験とそこで得た地域との繋がりなどを活かして、よりビワキューやビワのちからを知ってもらうためにも、今後もマルシェやイベントをやっていきたいです。

そしてそれが、地域の人同士が繋がったり、地域の人の役に立つものになるだけでなく、私と同じような境遇の人が仲間をつくったり、何か挑戦できる場所になってくれたら嬉しいなと思っています。

どんな人にL.C.S.をおすすめしたいですか?

「代表として長く自分の仕事を続けたいと思っている人」と「頑張っても上手くいかず諦めそうになってる人」です。
L.C.S.は自分だけでなく、自分の仲間のことも考えてくれるので、個人で事業を続けていく人だけでなく、仲間を集めて、組織をつくって、事業を大きくしていきたい人にもプラスになると思います。
また、自分の目的や目標を見失った時に自分を見つめ直す機会やきっかけをくれたり、その時に必要なサポートやアドバイスをくれると思います。

最後に一言お願いします。

自分が本当にやりたいって思うことを仕事にできる。
そしてそれを続けていけることは難しく、あまり簡単にできることではないと思っています。
なので、この仕事を続けられることに感謝し、大切に磨き上げていきたいです。
そして自分だけで終わらず、周りの人や子どもにも繋いでいきたいと思っています。

最後に一言お願いします。

一覧ページに戻る

課題別に絞り込み: